カーセキュリティ用語集
ア行
アーム arm セキュリティを警戒状態(ON状態)にすること。(対:解除状態(OFF状態)、ディスアーム)
アラーム alarm 警報。またカーセキュリティ装置(カーアラーム)自体を指す場合も多い。
イグニッションアンロック ignition controlled door unlock イグニッションスイッチをOFF状態にしたときに、それに連動しドアのロックを解除する機能。
イグニッションロック ignition controlled door lock イグニッションスイッチをON状態にしたときに、それに連動しドアをロックする機能。
イモビライザー Immobilizer エンジンを始動できなくする装置の総称。
ウインドークロージャー power window control 窓の開閉をリモコンの操作で行う機能。
エンジンスターター remote starter 車のエンジンをリモコンで遠隔操作し始動する装置。最近の警報機ではエンジンスターター機能が内蔵されているものが多くなってきている。

カ行
カーファインダー car finder 大きな駐車場などで車の位置を見失ったなどに使用する機能で、リモコンのボタンを操作し、ライトやルームランプを短時間点滅させる機能。カーロケーターも同一の機能。
ガラスセンサー glass sensor ガラスを叩いたり、割ったりする音に反応センサー。感度設定により救急車の音などで誤検出することがあるので、最近はほとんども使用されない。
空気圧センサー air pressure sensor 車室内の空気圧の変化を検出するセンサーです。ドアの開閉を高感度に検出することが出来ます。
警戒(警戒セット)   →アームの項を参照ください。
警戒解除   →ディスアームの項を参照ください。
警告   →ワーニングの項を参照ください。
コードラーニング code learning function リモコンのIDなどを電波を利用し、警報機本体に読み込ませる機能(方法)。

サ行
サイレン siren 警報音を出す装置。
サイレントアラーム silent alarm 通報型セキュリティ装置で、異常検出時にサイレンによる警報やライトの点滅を行わずに、通報のみを行う機能、設定状態。
自己診断機能   センサーの異常状態を判断し、自動的に無効化するなどの機能。
ショックセンサー
(衝撃センサー)
shock sensor 衝撃を検出するセンサー。
ステータスLED status LED アーム状態のときにLEDを点滅させ、警報機が作動していることを知らせる表示。
センサー sensor 自動車への侵入又は干渉により生じる変化を検出するための装置の総称。
ソフトチャープサイレン soft chirp siren チャープ音を警報音より小さな音で鳴らすことの出来るサイレン。

タ行
チャープ音 chirp アーム、ディスアームの設定時などに警報機が出力する通知音。ピッ、ピッピッとなる短い音。
超音波センサー ultrasonic sensor 車室内の動きを検出するセンサー。超音波を発射し、ガラス窓などで反射し戻ってくる超音波を受信する。ドアが開けられたり、窓が破られたときに超音波の反射状態が変化するので、これにより異常を検知する。ヨーロッパのカーセキュリティではよく使われている。
チルトセンサー tilt sensor 車の傾きを検知し、タイヤ、ホイールの盗難などを検出可能にするセンサー。最近は加速度センサーが内蔵されているセンサーが多い。
通報型セキュリティ   アーム中に異常を検出したときに携帯電話、無線装置(ページャー)などを用いてユーザーに通報する機能を持った警報機。
ディスアーム disarm セキュリティを警戒解除(OFF状態)にする事。(対:警戒、アーム)
デュアルステージ dual stage 小さな衝撃、大きな衝撃など二つの状態を検出できるセンサーであることを示す言葉です。
電圧検出センサー voltage drop sensor バッテリーの電圧を監視し、電圧が変化(低下)を検出するセンサー。
ドアセンサー
(ドアトリガー)
door sensor ドアの開閉を検出するセンサー。一般的にはピンスイッチなどが用いられる。
ドームライト点灯機能 domelight supervision リモコンでディスアームにしたときに、室内灯が点灯する機能。ドアを開ける前に車内の異常などを確認することが出来る。
トランクオープン trunk release リモコンを用いて、車のトランクのロックを解除する(開ける)機能。

ナ行
ネガティブトリガー入力
(−トリガー入力)
negative trigger input シャーシと接続されたときに警報を出力する入力端子。マイナス入力。

ハ行
パッシブアーム passive arming 自動的にセキュリティをアームにする機能。一般的には、イグニッションをOFFにし、すべてのドアが閉められると一定時間後に自動的にアームになります。通常、この機能はOFFにすることが出来ます。(対:アクティブアーム)
パニック panic alarm リモコンの操作によりサイレンを鳴らし、犯人を威嚇する機能。
バレットスイッチ
(バレースイッチ)
valet switch バレーモードを設定するスイッチ。アーム状態を強制的に解除する機能を併せ持つことが多いので、車室内の判りにくい場所に取り付けられる。
バレットモード
(バレーモード)
valet mode アームに出来ないように設定した状態。パッシブアーム機能が設定された警報機を取り付けた車を点検に出すときなどに用いる。
ページャー pager 無線送信機能を持つ警報機からの信号を受けるための受信機。警報が作動したことを離れた場所(数100mの距離)でも知ることが出来る。一般的にはポケットベルを示す。
ボイスモジュール
(ボイスサイレン)
voice module 警告、威嚇などを音声で行うための装置。
ポジティブトリガー入力
(+トリガー入力)
positive trigger input バッテリーの+側(常時電源)に接続されたときに警報を出力する入力端子。プラス入力。

マ行

ヤ行

ラ行
レーダーセンサー radar sensor 電波を用いて車の周囲を監視するセンサー。フィールドセンサーとも言う。
ローリングコードリモコン rolling code remote transmitter 送信を行うたびに異なるコード(信号)を出力するセキュリティ性の高いリモコン。コードは、リモコンが持つ個別IDを元にリモコンのボタン操作ごとに再計算されたもので、数億通りのコードの中から毎回違うコードが出力される。

ワ行
ワーニング warning 警報機が小さな衝撃などを検出したときにサイレンを短時間鳴らすなどして警告、威嚇をする機能。

ページトップへ戻る

サイトマップ
Copyright (C)2006-2010 IWATA ELECTRIC CO., LTD. All Rights Reserved.